いまさら被爆二世と呼ばれても

子供の頃から

今まで被爆者とか被爆二世ということで差別を受けた事は無く、母からも差別の話は聞いた事がありません。意図的に聞かせなかったのかも知れません。

でも、差別っても市内に住んでいましたから周りは殆ど被爆者や被爆二世です。どうやって差別するの?
他県の人から差別されてたのですか?

子供の頃の私の生活圏なんてせまいものです。
その中ではなかった。

でも、現実に

被爆者団体や被爆二世の団体などは過去の事例で差別を取り上げているようなので、有ったことは事実なんでしょうね。私が無知だっただけかも?

私自身、母を見ていて、被爆者援護法は当然と思います。

被爆二世については科学的知見がないそうです。はっきりと症状の出ている人は当然援護されるべきですが、そうでない人達までもって言うのはどうなんでしょうね。

私自身、疑問です。          
二世、三世、四世と、きりが無いです。

現に東京都なんかだと被爆二世でも申請すれば年二回、健康診断を無料でしてくれるそうです。それだけでも普通の人より優遇されてますよ。

ちなみに、私の場合、不整脈(胸が痛いよぉ~)

老眼、頭の方が少し薄くなる(ハゲは差別でしょう)
たんに加齢によるものでしょうか?

子供には歳だよ、の一言です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です